車種別カット済みカーフィルム、PIAA ACCURガラス繊維質ボディコーティング剤などカー用品の通信販売

 ブルー、グリーン、パープル、イエロー、ピンク、アンバー(オレンジ)などのパステル系カーフィルムや定番のスモーク系カーフィルムの通販    PIAA ACCURガラス繊維質ボディコーティングなどの洗車用品の通販  車種別カット済みカーフィルム、ガラス系ボディコーティングの通信販売 クレストWEBショップ

フィルム確認事項の用語解説サイトマップ

クレスト トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
商品カテゴリ
カーフィルム,コーティング
ご依頼はこちら

    カーフィルム施工、ボディコーティング加工などの作業をご依頼の方はこちらへどうぞ

    カーフィルム施工、ボディコーティング加工などの作業をご依頼の方はこちらへどうぞ


    カーフィルム施工,
    ボディコーティング加工,
    ご依頼の方はこちらまで
    TEL054-280-1007

カーフィルム施工時の規制

    カーフィルム規制

カット済みカーフィルム > カーフィルム施工上の規制について

平成15年4月より、道路運送車輌法の、不正改造の禁止及び整備命令 手続き等の強化、整備管理者制度の見直しがあり、カーフィルム施工に関する 部分が、一部強化されました。

カーフィルムは道路運送車両の保安基準によって下記の箇所に貼る場合は、 その窓ガラスの可視光線透過率は70%以上が必要です。

 @前面ガラス A運転者席の側面ガラス B助手席側面ガラス

また、その他、後面ガラス、・バス等の側面、前扉のガラス等の 運転に必要な視野を妨げる恐れのある箇所に貼ることについても制限されています。

運転者自らにかかわる(運転者に対しての)罰則

@整備命令を無視し、かつA整備不良車を運転した場合には、下記の両方の条項に違反したことになり、合算の罰則が課せられます。

1.整備命令
地方運輸局長は、自動車が保安基準に適合しなくなるおそれがある状態又は適合しない状態にあるときは、その使用者に対し、保安基準に適合しなくなるおそれをなくすため、又は保安基準に適合させるために必要な整備を命ずることがあります。また、この命令に従わない場合には、当該自動車の使用を停止し、または使用の方法若しくは経路を制限することがあります。(道路運送車両法第54条)命令に従わない場合は、6ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金が課せられます。

2.整備不良車の運転の禁止
車両等の使用者その他車両等の装置の整備について責任を有する者又は運転者は、その装置が道路運送車両の保安基準に適合しないため交通の危険を生じさせ、または他人に迷惑を及ぼすおそれがある車両等を運転させ、又は運転してはなりません。(道路交通法第62条) 違反した場合は、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が課せられます。

運転席及び助手席の窓ガラスへの着色フィルムの貼り付け 改造例

不正改造例

正しい例

※ 国土交通省・自動車点検整備推進協議会HPより抜粋